ホームステイ先にメールを送る

短期の休暇を使ってホームステイをする予定、または語学学校へ留学するのにホームステイで滞在する予定だという人もいると思います。

そして、次のような理由で「ホストファミリーにメールを送りたい」と思っている方もいるのでは?

  • 渡航する前にホストファミリーに自己紹介のメールをしたい
  • 自己紹介も兼ねて自分の写真をメールに添付しておくりたい
  • ホームステイ先でわからないことがあるからに事前にメールで質問したい

また、帰国後に「ホストファミリーのお礼のメールをぜひ送りたい」と考えている人もいるでしょう。

ホームステイ先へはじめて送るメールは、ホストファミリーとも打ち解けるよいきっかけになることも。

帰国後にお礼のメールをすることで、ホストファミリーとのよい関係がこれからも続くかもしれません。

しかし、基本的なメールの書き方や英語表現を間違ってしまうと、逆に「次に来る留学生、大丈夫かしら・・・?」「何をメールで伝えたいのかわからない・・・」とホストファミリーに誤解されてしまうかもしれません。

なので、メールの基本的な書き方や英語表現を知っておくことは必要です。

ここでは、ホームステイ先への送るはじめての自己紹介のメールから、帰国後のお礼メールの書き方まで紹介。

メール内容や件名の書き方、写真を添付する時の一文、ホストファミリーへの質問、最後の締めの書き方まで詳しく説明しています。

久美子先生久美子先生

ホームステイ先にメールをしたいと思っている人は、ぜひ参考にしてください!

1. ホームステイ先に自己紹介のメールを送ってみよう!

これからホームステイをする予定の人は、「ホストファミリーがどんな人だろう・・・?」と期待と不安で一杯ですよね。

もし、ホストファミリーのメールアドレスを教えてもらっていたら、渡航前にあなたからメールをしてみるとよいでしょう。

渡航前に必ずしもホストファミリーにメールしなければいけないということはありません。

でも、事前に連絡をとることで、ホストファミリーと打ち解けやすくなるかもしれないので、ぜひチャレンジしてみてください!

それでは、はじめてホームステイ先に送るときの、メールの書き方を見てみましょう。

1. ホームステイ先へのメールの件名はシンプルにわかりやすく

新規メッセージ

まずは、メールの件名です。

件名は、次のようにわかりやすく端的にメールの内容が理解できるようなものにしましょう。

ホームステイについて Regarding homestay
日本からこんにちは Hello from Japan
日本からご挨拶 Greetings from Japan
久美子先生久美子先生

長々としたわかりにくい件名だと、ホストファミリーがいたずらメールと間違えてしまうこともあるので、気を付けてくださいね。

2. メールの出だしは、“Dear”にホストファミリーの名前

メールの書き出しは、日本語で言うと「◯◯さんへ」にあたる英語を書きます。

「◯◯さんへ」の「へ」にあたる英語は、“Dear”です。

“To”とは書かないように気をつけてください。

また、メールを夫婦宛てにするのか、家族みんなに宛てるのかで、英語の表現が以下のように違ってきます。

夫婦宛て・ウィリアムご夫妻へ
Dear Mr.&Mrs.Williams,
家族宛て・ウィリアムご家族様へ
Dear The Williams Family,

名前は、ホストファミリーの名字にあたるラストネームを入れてくださいね。

3. 初めての挨拶と自分のホームステイの日程を述べる

「◯◯さんへ」に続く言葉は、「こんにちは」の挨拶です。

そして、自分の名前を言いましょう。

こんにちは!私はともこと言います。
Hi! I am Tomoko.
日本からこんにちは!私はともこと言います。
Hello from Japan! I am Tomoko.

ホストファミリーによっては、頻繁に留学生を受け入れていることもあります。

なので、自分の名前を述べたあとに、次のように自分のホームステイの日程を伝えておくとよいでしょう。

そうすると、「何日から滞在するともこさんね」とホストファミリーにもわかりやすいかもしれません。

7月1日から1ヶ月あなたの家に滞在する予定です。
I will be staying at your place for one month from July 1th.

このように、いつから・どのくらいの期間ホームステイをする予定なのか伝えてくださいね。

4. ホストファミリーにホームステイ受け入れの感謝を伝えよう

ホストファミリーへのはじめてのメールでは、次のようにホームステイを受け入れてくれた感謝を一緒に伝えましょう。

あなたの家に滞在させてくれることに感謝しています。
I am grateful to you for letting me stay at your place.
あなたの家に受け入れてくれたことを感謝しています。
I would like to thank you in advance for having me at your home.
わたしを受け入れてくれて感謝しています。
I appreciate your accepting me.

ちなみに、“in advance”は「前もって」という意味。

つまり、“thank you in advance”で、実際のホームステイの前より先に感謝を伝えておきたい、ということです。

5. ホームステイ先への自己紹介メールで書きたいこと!職業、趣味、英語力など

ホームステイ先へ送るはじめてのメールで、自分の自己紹介をしておくと、ホストファミリーにあなたのバックグランドを事前に伝えることができます。

実際のホームステイで、この自己紹介を元にホストファミリーと会話が弾むこともあるかもしれません。

自己紹介の部分では、以下のようなことを伝えておくとよいでしょう。

  1. 今自分が日本でしていること
  2. 自分の家族について
  3. 自分の好きなこと・趣味
  4. 自分の英語力について
  5. ホームステイ・留学の目的

1. 今現在、自分が日本でしていること

自己紹介では、現在自分が日本で何をしているか伝えておきましょう。

学生なら学校で勉強していること、どんなクラブに所属しているか・・・といったようなことです。

私は高校2年生で、テニス部に所属しています。
I am a second year student in high school, and I belong to the tennis club.
私は日本の◎◎に住んでいます。◯◯大学に通っていて、専攻は△△です。
I live in ◎◎, Japan. I am a university student at ◯◯ University majoring △△.

住んでいる場所については、海外では東京以外の日本の場所を知らない人も多いので、日本のどこかを加えて説明しておくとよいかもしれませんね。

詳しい場所の説明の仕方は、以下の記事を参考にしてみてください。

出身地の位置を英語でわかりやすく伝える方法

2. 自分の家族について簡単に説明する

自己紹介として、自分の家族についての情報も簡単に入れておくと、あなたの人となりがホストファミリーに伝わるかもしれませんね。

以下のように、自分の家族の紹介について説明してみるとよいでしょう。

私の家族は、父、母と2人の弟の5人家族です。
There are five in my family.
My father, my mother, my two younger brothers, and me.
父はサラリーマンで、母は専業主婦をしています。
弟は一人は小学生、もう一人は中学生です。
My father works at the company in Tokyo, and my mother is a housewife. 
One of my younger brother is an elementary school student, and the other is a junior high school student.

より詳しく家族の紹介についての英語を知りたい場合は、以下の記事を参考にしてみてくださいね。

家族の人数と家族構成を英語で紹介する言い方

3. 自分の好きなことや趣味について触れておく

自己紹介では、自分の好きなことや自分の趣味について触れておくこともよいでしょう。

ホームステイ中にホストファミリーと会話のネタの一つになることも。

休日には料理や映画を見たりしています。
I enjoy cooking and watching movies on my days off.
私は読書や音楽を聞いたりすることが好きです。
I like reading books and listening to music in my free time.
私はスキーが好きなので、カナダではスキーをしたいと思っています。
I love skiing, so I would like to go skiing in Canada.

4. 自分の英語力について伝えておく

自己紹介の中で、自分の英語力がどのくらいか伝えておくと、ホストファミリーも実際コミュニケーションをとる時に、ゆっくり話してくれるなど配慮してくれるかもしれません。

ここで気を付けておいて欲しいことは、「中学・高校の6年間、英語を勉強しました」というと、「あら、じゃあ、結構英語ができる子なのね」と思われてしまうことも。

なので、具体的な英語力のレベルを伝えるとよいでしょう。

私は英語を◯年間、日本で勉強してきました。
でも、まだうまく話すことができません。
I have studied English for ◯ years in Japan but I am still not a good speaker of English.
私は話すことがあまり得意じゃありません。
なので、あなたとコミュニケーションをとって上達したいと思っています。
I am not really good at speaking English, so I hope I can improve my English by communicating with you.
最近英語を学びはじめましたので、あまり英語がわかりません。
I just started learning English, so I don’t understand English very much.
私の英語は初心者のレベルですが、英語が上達するように頑張るつもりです。
I am at the beginner’s level in English but I will do my best to improve English

5. 今回のホームステイや留学についての自分の目的を述べる

自分の今回の留学やホームステイの目的を伝えておくと、ホストファミリーも滞在中に留学生が何をしたいのか知ることができます。

ホストファミリーによっては、色々な情報を教えてくれたりサポートもしてくれるかもしれません。

私はオーストラリアにいる間、サーフィンをしたり、観光地を訪ねたいと思っています。
While I stay in Australia, I would like to go surfing and visit sightseeing spots.
私はカナダにいる間、◯◯語学学校に通ったり、ボランティア活動に参加したいと思っています。
I would like to go to ◯◯ language school and participate in your local volunteer group during my stay in Canada.
私は学校で沢山の友達をつくり、あなた達とも沢山の思い出を作りたいです。
I hope I can make many friends at school and make many memories with you.

6. ホストファミリーへの質問の仕方

渡航前にホストファミリーに、聞きたいこと、質問したいことがある人もいると思います。

その時は、ホストファミリーへのメールで尋ねておくと安心です。

空港からホストファミリー宅までの行き方などを事前に確認しておきたい場合は、以下のように聞いてみましょう。

そちらは最近寒いようですが、ダウンコートは必要ですか?
It seems that it is cold there these days, so you think do I need my down coat?
空港からあなたの家までどう行ったらよいか教えてくれたら助かります。
It would be helpful to me if you let me know how to go to you place from the airport.
何か持っていった方がよいものはありますか?
Will I need anything to stay in your place?
特別なハウスルールがあれば、事前に教えてもらいたいです。
If you have any special house rules, I would like know them in advance.

7. メールの最後は?結びの言葉と名前

日本では終わりの挨拶として、「ご迷惑をかけますが、よろしくお願いします」と言った謙遜した表現を使うことが一般的ですよね。

しかし、このまま英語にしてメールで送ってしまうと、「次に来る留学生は何か迷惑をかけるのかしら・・・?」とホストファミリーに誤解されてしまうかもしれません。

ホストファミリーへのメールの最後の挨拶には、次のような自分がホームステイを楽しみにしている気持ちを具体的に伝えるようにしましょう。

もうすぐ皆さんに会えることを楽しみにしています。
I am looking forward to meeting you soon.
もうすぐ皆さんに会えることをとてもワクワクしています。
I am so excited to meet you all very soon.
早くあなたに会いたくてたまりません。
I can’t wait to see you.

メールの最後の文のあとには、結びの言葉と自分の名前を入れます。

日本語の結びの言葉としては「敬具」がよく使われますよね。

初めてのメールや手紙などでは、以下のような英語表現が結びの言葉として使われます。

真心を込めて Sincerely,
敬意を込めて Regards,
最上の/思いやりと/温かい 敬意を込めて Best/Kind/Warm regards,

“Sincerely”は、フォーマルな言い方としてビジネスでも一般的に使われる結辞です。

“Regards”は、“Sincerely”よりも少しカジュアルな表現ですが、フォーマルにもに使います。

8. ホームステイ先に送るメールに自分の写真を添付するとき

ホストファミリーへの初めてのメールに、自己紹介も兼ねて自分の写真を添付しておくと、実際に会う前からホストファミリーもあなたに親しみを持ってくれるかもしれません。

ホストファミリーに自分の写真をメールに添付して送りたいときは、メールの結びの言葉の前に、「自分の写真を添付しています」という一文を入れておくとよいでしょう。

私の写真をメールに添付します。
I have attached my picture to this email.
私の写真を添付して送ります。
I will send you my photos as an attachment.
私の写真をメールで送ります。
I will email you my picture.

上記の英文に加えて、次の一文を加えておくと、ホストファミリーの写真も送ってくれるかもしれませんね。

あなたの写真を送ってくれるとても嬉しいです
I would be very happy if you could send me your photos.

9. ホームステイ先からメールの返信がきたら?

ホストファミリーからメールの返信が来たら、返信に対するお礼のメールを送るとよいでしょう。

返信メールの書き出しは、次のような感謝の言葉からはじめてください。

あなたから連絡がもらえて嬉しいです。
I am very happy to hear from you.
返信ありがとうございます。
Thank you for your reply.
返信してくれて感謝しています。
I appreciate your response.

もし、ホストファミリーから返信が来なくても落ち込む必要はありません。

頻繁にホームステイの受け入れをしいて慣れているホストファミリーの場合は、「次にくる留学生はこんな子なのね」という感じであなたのメールを読んでいることもあります。

10. ホームステイ先への自己紹介の例文メール

久美子先生久美子先生

以下は、ホームステイ先への自己紹介も兼ねた初めてのメールの例文です。
実際にホストファミリーにメールを送る際に、参考にしてしてみてください。

件名: Regarding homestay

Dear The Williams Family,

Hello from Japan! I am Tomoko. I am going to stay at your place for two months from August 10th. I really appreciate your having me at your home.

First of all, I would like to introduce myself briefly. I live in Osaka, Japan. I am 18 years old and a student at Osaka University majoring business.
There are four in my family. My parents, my older sister, and me. My father works at the company in Osaka, and my mother works part time. My older sister is 22 years old and 4th year in University.
I like cooking and watching movies in my free time. Do you like Japanese food? I hope I can make some food for you.
About my English, I have studied English for 6 years in Japan but I am still not good at speaking, so I hope I can improve it by communicating with you.
During my stay I will go to ABC Language school and want to visit your local sightseeing spots. It would be helpful to me if you recommend some places.
In addition, I will attach my pictures to this email. I would be very happy if you could email me yours!

By the way, if you have special house rules and need me to bring something to stay at your place, I would like to know them in advance.

My flight(JAL 503)will arrive at the airport at 6 a.m. on August 10th. I would like to thank you in advance for picking me up in the early morning.

I am really looking forward to meeting all of you very soon!

Sincerely,
Tomoko Tanaka

tomoko.t.123@gmail.com

件名:ホームステイについて

ウィリアムご家族様へ

日本からこんにちは!私はともこと言います。8月10日から2ヶ月間あなたの家にホームステイをする予定です。この度は、ホームステイさせて頂き、本当に感謝しています。

まず、簡単に自己紹介したいと思います。私は日本の大阪に在住。18歳で、大阪大学でビジネスを勉強している学生です。
両親と姉と私の四人家族です。父は大阪の会社に勤めていて、母はパートで働いています。姉は22歳で大学4年生です。
私は時間があるときは、料理や映画を見ることが好きです。ちなみに、日本料理は好きですか?あなたに料理をつくりたいなと思っています。
私の英語力についてですが、わたしは日本で英語を6年間勉強してきました。でも、まだ話すことが得意じゃありません。なので、あなたとコミュニケーションをとって、もっと上達させたいです。
滞在中はABC語学学校に通い、観光地も訪れたいです。もし、オススメの場所を教えてくれたら助かります。
それと、メールに私の写真を添付します。もし、あなたの写真も送ってくれるととても嬉しいです!

ところで、あなたの家に特別なハウスルールがあったり、そちらに滞在するために何かわたしが持っていく必要なものがあれば、前もって知っておきたいと思います。

私の飛行機(JAL 503)は、8月10日の朝6時に到着予定です。朝早くに迎えに来てくださること、感謝しています。

もうすぐ会えることをとても楽しみにしています!

真心を込めて
たなか ともこ

tomoko.t.123@gmail.com

2. 帰国後、ホームステイ先にお礼のメールを送ってみよう!

ホームステイを終え帰国したら、ホストファミリーにお世話になった感謝の気持ちを伝えるために、お礼のメールを送ってみましょう。

帰国後もメールでのやりとりを続けることで、ホストファミリーとのよい関係を保つことができ、将来また会いにいくきっかけにもなるかもしれません。

ここでは、帰国後にホームステイ先にどんなお礼のメールを書いたらいいのか説明しています。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

1. 帰国後のお礼メールの出だしはより親しみを込めて

まずは、“Dear・・・”からですが、はじめてホストファミリーにメールをした時とは違って、家族一人ひとりの名前を書いた方が親しみが伝わりやすいでしょう。

「・・・さんへ」に続く文として、日本語で知り合いに手紙やメールを送る場合、「元気ですか?」と相手に伺いますよね?

英語でメールを送るときも、同じ出だしです。

なので、まず以下のように相手に「元気ですか?」「どうしてますか?」という文を入れてください。

元気ですか?
How are you?
最近どうしていますか?
How have you been?

そして、「元気ですか?」「どうしていますか?」に続いて、「お元気にしていることと思います」と相手のことを気づかう一文も入れてもよいかもしれませんね。

お元気にしていることと思います。
I hope you are well.
このメールが届く時、あなたが元気にしていることを願っています。
I hope this email finds you well.
久美子先生久美子先生

“I hope you are well.”を少し省略して、“Hopefully you are well”と言うことも出来ます。

2. ホストファミリーへ感謝の気持ちを伝える

次に、ホストファミリーへホームステイ中にお世話になった感謝を伝えましょう。

感謝を伝えるフレーズとして、以下を参考にしてみてください。

オーストラリア滞在中のみなさんのサポートと親切、本当にありがとうございました。
Thank you very much for all your support and kindness during my stay in Australia.
オーストラリア滞在中のみなさんの温かいもてなし、心から感謝しています。
I deeply appreciate your warm hospitality during my stay in Australia.
みなさんには感謝してもしきれない程、とても素晴らしい時間をオーストラリアで過ごすことが出来ました。
I can’t thank you enough for the great time I had in Australia.

3. ホームステイ先での思い出と感想を述べる

ホームステイの感謝を伝えたあとは、ホームステイでの自分の思い出や感想を述べるとよいかもしれませんね。

具体的なあなたの感想を伝えることで、ホストファミリーもあなたがホームステイを楽しんでくれたと喜んでくれるでしょう。

わたしは美しいビーチであなたと過ごせて本当に楽しかったです。
I really enjoyed spending with you at the beautiful beach.
わたしはサムとセスとバスケットボールを一緒にできてとても楽しかったです。
I had so much fun playing basketball with Sam and Seth.
あなたのBBQは最高でした!私はすでに恋しいです!
Your BBQ was great! I miss it already.
あなたと素晴らしい時間を過ごせ、沢山の楽しい思い出を作れました。
I had great time with you and made a lot of fun memories.

4. ホームステイから帰国後のお礼メールの終わりの文と結びの言葉・名前

ホストファミリーへのお礼のメールの終わりには、終わりの文と結びの言葉(結辞)、そして名前がきます。

終わりの文には、以下のような内容を入れるとよいでしょう。

お元気で、お返事を待っています。
Please take care and hope to hear from you.
またいつか会えることを楽しみにしています。
I am looking forward to seeing you again in the future.
連絡し合いましょう。
Please keep in touch.
最後に重ねて、色々とありがとうございました。
Thank you again for everything.

終わりの文には、メールの結びの言葉がきます。

結辞には、初めてホームステイ先にメールを送る場合にも使った“Sincerely”や“(Warm/Best Kind)Regards”でもいいでしょう。

ちなみに、“Sincerely”や“Regards”は、フォーマルにビジネスにも使える結辞です。

結びの言葉をもう一度チェックする

ホームステイを終えて、よい関係をつくることが出来たホストファミリーには、親しみを込めて以下のようなカジュアルな結びの言葉を使ってもいいかもしれませんね。

ご多幸をお祈りして
Best wishes,
愛を込めて
Love,
あなたの友
Your friends,

“Love”を使った結辞としては、他に“With Love” 「愛をこめて」、“Lots of Love”「沢山の愛をこめて」などがあります。

“Love” は恋愛的な感情が含まれるから恋人同士でしか使わないんじゃ・・・?と思う人もいるかもしれません。

しかし、ここでの“Love”は、必ずしも恋愛的な意味合いではなく、「大好き!」と軽く自分の愛情を伝える結びの言葉です。

とはいえ、親しい関係じゃない人には使わないようにしておいた方がよいかもしれませんね。

5. ホームステイを終え帰国後のお礼メールの例文を紹介

久美子先生久美子先生

ここでは、ホームステイを終えて、日本に帰国してからホストファミリーに送るお礼のメールの例文を紹介しています。
以下を参考にしてみて、自分なりのお礼のメールをホストファミリーに送ってみてくださいね。

件名:This is Tomoko from Japan.

Dear Bob, Cathy, Sam and Seth,

Hello, everyone! How are you? It is been a week since I left Australia. Hopefully you are well. I safely arrived back home in Japan on September 5th.

I can’t thank you enough for the great time I had there. I really enjoyed spending time with you all, such as cooking, going to the beach, shopping, playing card games, watching movies…I miss everything so much already!

Thank you again for your kindness and warm hospitality. I hope I can see you again someday. Let’s keep in touch!

Please take care and hope to hear from you.

Best wishes,
Tomoko

件名:日本から、ともこです。

ボブ、キャシー、サム、セスへ

みなさん、こんにちは!元気にしてますか?オーストラリアを去って1週間が経ちました。みなさん、元気にしてることと思います。わたしは9月5日に無事に日本に着きました。

みなさんには感謝してもしきれないほど、そちらでは素晴らしい時間を過ごすことが出来ました。みなさんとの過ごした時間は、本当に楽しかったです。料理をしたり、ビーチに行ったり、買い物したり、トランプで遊んだり、映画を見たり・・・全部ががすでにとても恋しいです!

最後にもう一度、みなさんの親切と温かいもてなし、ありがとうございました。またいつかお会いできればなと思います。連絡を取り合いましょう!

それでは、みなさん元気で、お返事待ってます。

ご多幸をお祈りして、
ともこ

ホームステイ先に自己紹介や帰国後のお礼のメールを送ってよい関係を!

ホームステイ先に送るはじめての自己紹介メールの書き方、帰国後に送るお礼のメールの書き方を紹介してきました。

ホストファミリーに自己紹介やお礼のメールを送ることが、それからのホストファミリーとのよい関係を築くきっかけになるかもしれません。

なので、「英語が苦手だからホストファミリーにメールを送るのは難しい・・・大変・・・」と思っている人も諦めずに、気軽にぜひトライしてもらえたらと思います!