「英語表現」の記事一覧

レストランなどで「英語で注文」したり「英語で接客」する時に使えるフレーズ集

レストランなどで「英語で注文」したり「英語で接客」する時に使えるフレーズ集

海外に行けば、必ずどこかで何かを注文して食べることになりますし、日本に居ても、レストランなどの飲食店で働いている場合は、外国の方と英語で接客する必要があります。そこで今回は、「入店時」「オーダ」「食事中」「お会計」の4つの場面に分け、それぞれのシーンで今すぐ使えるシンプルな英語表現をご紹介していきます。

ビジネスでも使える英語略語表現集!英文メールがぐっとカッコよくなる!

長い単語を少しでも短くすることで、会話を円滑にしてくれる略語。日本語には様々な略語表現があり、日々進化しています。英語でも日常はもちろんビジネスメールでも、英語略語表現がよく使われます。そこで今回は、日常やビジネスメール、そしてSNSなどで頻繁に使われる英語の略語を用いた使える英語略語表現を例文とともに紹介します。

英語と日本語の語源(歴史・成り立ち)を比較

英語を学習していると、英語では表せない日本語や、その逆の英語表現に出会うことは、少なくありません。言語は「混ぜご飯」のようなものです。白米(元々あった言語)に、外国産の具材(外来語)を入れることで新しい料理(言語)に進化しています。今回は英語と日本語の成り立ちを比較してみましょう。

英語の雑談力を磨く!シーンに合わせた英会話の例文やフレーズを解説!

「Hello, my name is ○○. Nice to meet you.」この後、皆さんはどのように会話を続けますか?仕事で英語を使う上級レベルの方でさえも、ミーティング前後に仕事以外の内容で雑談するのは苦手だという声をよく耳にします。今回は英語で雑談する時に使えるシーンに合わせた英会話の例文やフレーズを解説したいと思います。

ハロウィンの語源は「前夜祭」!ハロウィンの起源・由来と Halloween 英語

ハロウィン(Halloween)といえば、ここ数年では日本でも9月~10月にかけて、街中でハロウィンのデコレーションをよく見かけるようになり、31日当日は仮装パーティーも盛んになってきましたね。しかし、多くの方から「仮装の日」というイメージはあるが、一体何の日なのかはよく知らない、という声を聞きます。そこで今回は、ハロウィンの起源・由来とハロウィン英語をいくつかご紹介します。

動詞「go」と「come」の使い分けやニュアンスの違い!なぜ英語で「今行く!」は「I’m coming!」と言うのか?

私たちは中学生の時に、go は「行く」、come は「来る」、と覚えたはずです。しかし、誰かに呼ばれて「今行く!」と返事をする時に、英語では「I’m coming!」と言います。それはなぜかと疑問に思ったことはありませんか?今回は、「come」と「go」のそれぞれの使い分けや言葉のニュアンスの違いと明日にでもすぐに会話で使える表現を厳選してご紹介します。

ビジネス英会話で外国人に好感を持たれるコミュニケーションのコツ15通り

来日する外国人観光客数や英語を用いて仕事をする人は、年々増えています。海外に行かなくても、スターバックス、マクドナルド、ユニクロ等でアルバイトをしていると、日々英語の必要性に駆られる、と言う方も増えてきました。今回は、私たち日本人がついやってしまいがちなことや、外国人と上手に国際交流ができるようになるコミュニケーションのコツをまとめてみました。

英語で自分の意志を伝える「助動詞」の使い方とイディオムをマスターしよう!

英語の助動詞の使い分けや使い方を知ると自分の意志や状況をより正確に伝えることができます。助動詞は文字通り「動詞を助ける」役割をする語です。動詞の前に置くことで、動詞の意味の範囲を広げ、より深いニュアンスを含むことができます。今回は「助動詞を使った表現」をイディオム(慣用句)とともにご紹介します。

英語を話す時のタブー7つ!外国人との会話や行動で気をつけたいこと

来日している外国人の数は年々増加しており、いつどこで異文化に触れることになるかは分かりません。今回は英語圏の人と接する時の英会話で避けるべきタブーについて学習し、言葉や表現で相手を無意識に傷つけることがないようになる準備をしましょう。

簡単な英単語でワンランク上の「使える英会話表現」18通りをマスターしよう!

外国人と英会話をする時や英語メールを書く時に、気が付いたらいつも同じような表現方法を使っていませんか?今回は、難しい英単語を新たに覚えるのではなく、既に知っている簡単な英単語を使った新しい表現方法ご紹介します。いつもよりもワンランク上の英会話をマスターしてみましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ