「英語表現」の記事一覧(2 / 2Page)

英単語の多義語を例を元に紹介!一つの単語が沢山の意味を持っている!

簡単な英単語が、綴は同じなのに皆さんが認識している意味とは全然違う意味を持っていることがあります。英会話や試験のリスニングでは、これが意外な落とし穴になることもあります。今回は多義語を見直し、意外と知らない英単語が持つ裏の顔について学習しましょう。音声付きの一覧でまとめました!

英会話で「みる」を表現する時に迷う「Look, Watch, See, Meet」の違いや使い分けをマスターしよう!

「Look, Watch, See, Meet」の「この2つの語彙の違いは何?」「どっちのほうが良く使う?」「両方とも覚えないといけないの?」と聞かれることが多々あります。今回は「Look, Watch, See, Meet」の語彙が持つニュアンスの違いをクリアにし、自信を持ってその状況に合った言葉が使えるようにしましょう。

英語になった日本語はスシだけじゃない!英語の世界で通用する日本語一覧【まとめ】

ペン・カメラ・タオルなど、日本語には数えきれないほどの外来語があります。その一方で、英語の中でそのまま使われている日本語もたくさんあります。それは「スシ・サムライ・カラオケ」だけではありません。和製英語を見直すことはよくしますが、日本語が英語になっている単語も意外と多いのです。今回は英語の世界でどんな日本語が使われているのかに注目してみましょう。

英語で口説く!?お酒の席で外国人と話して友達をつくる3ステップ

旅先のバーや飲み屋で外国人に話しかける時に使える会話の始め方や、ちょっとした口説き文句やナンパに対する対応をご紹介します。是非、Bar English(バー英語)を上手く活用して外国人の友達をたくさんつくりましょう!

英単語 Have の使い分けと意味を理解し20種類の文章をマスターしよう

学生時代に英語が苦手だった方でも、「have, give, get, take, make」の5つは見覚えがあるのではないでしょうか。この5つは基本動詞の中でも「Have」が最も重要なもので、これを有効利用しないのは、もったいないのです。今回はその中の「Have」を使って20種類の文章を使いこなせるように見直してみましょう。

日本人が英語を話す時によくある間違い10通り!原因は語彙やフレーズが持つニュアンスの違い

英語で会話しているときに、自分では正しく表現しているつもりなのに、相手に全く通じなかったり、不自然な間ができてしまったという体験をされたことはありませんか?語彙と英文法の学習に力を入れている日本人の英語は、文法的には正しくても、実践会話の中では誤用に近いものとなることがあります。今回は英語の語彙やフレーズが持つニュアンスを見直してみましょう。

英語の笑いを取り入れて外国人との会話を盛り上げる5つの方法!

外国人と楽しく会話するには、日本語での会話と同様、ユーモアや笑いを交えて話せると自分に興味を持ってもらえます。そこで、今回は外国人の心をつかむ5つのコツをまとめてみました。「外国人の笑いのツボが分からない」という悩みが少しは解消できるかもしれませんよ。

”How are you?” から一歩進んだ英語で挨拶をしてみよう!

英語で挨拶をする時、学校で習った英語をそのまま英会話で使っている方は多いと思います。しかし、受験を目的とした英語学習は、実際の会話で使うものと少し違うものがあります。そこで、同じ話すならより自然な挨拶も学習し、会話に取り入れてみてはいかがでしょうか。

英語にも敬語がある!英語のカジュアルな表現と丁寧な表現を徹底比較!

外国人が日本語を学習するときに苦労するのが敬語です。英語に敬語がないわけではないのです。動詞の形は変わらなくても、言い方ひとつで相手にどう響くかは違ってきます。ここで英語のカジュアルな表現と丁寧な表現を比較してみましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ