「英会話」の記事一覧

レストランなどで「英語で注文」したり「英語で接客」する時に使えるフレーズ集

レストランなどで「英語で注文」したり「英語で接客」する時に使えるフレーズ集

海外に行けば、必ずどこかで何かを注文して食べることになりますし、日本に居ても、レストランなどの飲食店で働いている場合は、外国の方と英語で接客する必要があります。そこで今回は、「入店時」「オーダ」「食事中」「お会計」の4つの場面に分け、それぞれのシーンで今すぐ使えるシンプルな英語表現をご紹介していきます。

英語の雑談力を磨く!シーンに合わせた英会話の例文やフレーズを解説!

「Hello, my name is ○○. Nice to meet you.」この後、皆さんはどのように会話を続けますか?仕事で英語を使う上級レベルの方でさえも、ミーティング前後に仕事以外の内容で雑談するのは苦手だという声をよく耳にします。今回は英語で雑談する時に使えるシーンに合わせた英会話の例文やフレーズを解説したいと思います。

動詞「go」と「come」の使い分けやニュアンスの違い!なぜ英語で「今行く!」は「I’m coming!」と言うのか?

私たちは中学生の時に、go は「行く」、come は「来る」、と覚えたはずです。しかし、誰かに呼ばれて「今行く!」と返事をする時に、英語では「I’m coming!」と言います。それはなぜかと疑問に思ったことはありませんか?今回は、「come」と「go」のそれぞれの使い分けや言葉のニュアンスの違いと明日にでもすぐに会話で使える表現を厳選してご紹介します。

英語で自分の意志を伝える「助動詞」の使い方とイディオムをマスターしよう!

英語の助動詞の使い分けや使い方を知ると自分の意志や状況をより正確に伝えることができます。助動詞は文字通り「動詞を助ける」役割をする語です。動詞の前に置くことで、動詞の意味の範囲を広げ、より深いニュアンスを含むことができます。今回は「助動詞を使った表現」をイディオム(慣用句)とともにご紹介します。

簡単な英単語でワンランク上の「使える英会話表現」18通りをマスターしよう!

外国人と英会話をする時や英語メールを書く時に、気が付いたらいつも同じような表現方法を使っていませんか?今回は、難しい英単語を新たに覚えるのではなく、既に知っている簡単な英単語を使った新しい表現方法ご紹介します。いつもよりもワンランク上の英会話をマスターしてみましょう。

英単語の多義語を例を元に紹介!一つの単語が沢山の意味を持っている!

簡単な英単語が、綴は同じなのに皆さんが認識している意味とは全然違う意味を持っていることがあります。英会話や試験のリスニングでは、これが意外な落とし穴になることもあります。今回は多義語を見直し、意外と知らない英単語が持つ裏の顔について学習しましょう。音声付きの一覧でまとめました!

英会話で知らずに使っている和製英語22通り【ビジネス編】

ビジネスの場で英語を話している時に、自分では正しく表現しているつもりなのに、相手は目を白黒させていてまったく通じなかった、という経験はありませんか?様々な理由が考えられますが、多くの場合、和製英語だと知らずに使っている場合が考えられます。今回は日本人英語学習者(ビジネスマン)に良くある間違い、思い込みビジネス和製英語を一緒に見直してみましょう。

英会話で「みる」を表現する時に迷う「Look, Watch, See, Meet」の違いや使い分けをマスターしよう!

「Look, Watch, See, Meet」の「この2つの語彙の違いは何?」「どっちのほうが良く使う?」「両方とも覚えないといけないの?」と聞かれることが多々あります。今回は「Look, Watch, See, Meet」の語彙が持つニュアンスの違いをクリアにし、自信を持ってその状況に合った言葉が使えるようにしましょう。

ビジネス英会話で言わないように心がけたい英語圏の「Killer phrases」とは?

近年、ビジネスの場で英語を使う機会がある人たちが増えてきました。そこで、英語圏のビジネス英会話の中で上司や部下、同僚に言わないように心がけている「Killer phrases」をご紹介します。日本語でもついついそのフレーズを口にしていないかを確認してみましょう。

英会話で言葉に詰まった時に「つなぎ言葉」で間をつなぐフレーズ集

英会話初級者から上級者まで共通して持っている悩みは、とっさに英語が出てこないことでしょう。今回は、相手の内容を理解し、返答を考え、頭の中にある単語の引き出しを開け、必要な単語を選ぶ時間を少しでも引き延ばし、時間を稼ぐ方法「つなぎ言葉」をご紹介します。

サブコンテンツ

このページの先頭へ