”How are you?” から一歩進んだ英語で挨拶をしてみよう!

[対象:初級]

英語で挨拶をする時、学校で習った英語をそのまま英会話で使っている方は多いと思います。

しかし、受験を目的とした英語学習は、実際の会話で使うものと少し違うものがあります。

あなたは挨拶の時、以下のフレーズを多用していませんか?

  • How are you?
  • I’m fine.
  • You’re welcome.

もちろんどれもれっきとした英語ですので通じますが、同じ話すならより自然なフレーズも学習し、会話に取り入れてみてはいかがでしょうか?

身近な人との挨拶
How are you? ➡ I’m fine, thank you. からそろそろ卒業したい!

1)How are you? 以外の聞き方【最近どう?】【順調?】

  • How’s it going?
  • How are you doing?
  • How’s everything?

2)返答の例

とても調子が良い場合
Great! とても良いよ!
Couldn’t be better! とても良いよ!
特に変わりがない場合
Pretty good. いいですよ。
Good thanks. いいですよ。
Not bad. いいですよ。
OK. いいですよ。
Not too bad. いいですよ。
Same as usual. 相変わらずですよ。
調子が悪い場合
Not so good. あまり良くないです。
Could be better. 良くないです。
Pretty bad, actually. 悪いです。

調子が悪いと返事した場合、理由を聞かれる可能性が高いので、それも準備しておきましょう。

A: Why? What’s wrong? どうして?何かあったの?
B: I’m working overtime everyday. 毎日残業でね。

外国人によく聞かれるあいさつ
”What’s up?” と ”What’s new?” の返答の仕方

A: What’s up? 調子はどう?
B: Not much. You? 変わりないよ。君は?
A: Not bad. まあまあ。
A: What’s new? 何かあった?
B: Nothing special. What about you? 特にないよ。君はどう?
A: I got my best score on TOEIC! TOEICで最高点が取れたよ!
B: Wow! That’s amazing! わぁ!それはすごいね!

どれも特に真剣に聞いている質問ではなく、”Hi!” に近い気軽なあいさつ文です。

上記のように気軽に返答します。もちろん報告したいことがあれば、TOEICの例文のように、事前に言いたいことを準備しておきましょう。

家族や身近な人の様子を伺う質問を続けることもよくあります。

A: How ‘s your family? ご家族は元気にしてる?
B: They’re doing okay. Thanks for asking. みんな元気だよ。
気にかけてくれてありがとう。

2回目以降の出会い
Nice to meet you. は「以前にも会ってますよ…」と突っ込まれるかも!?

1)再会を喜ぶ表現「また会えて良かった。」は以下の通り

  • (It’s) nice to see you again.
  • (It’s) great seeing you again.
  • (It’s) so good to see you again.
  • (I’m) happy (glad, pleased) to see you again.

下線の形容詞は入れ替えが可能です。

2)「久しぶり」を英語で言うと?

Long time no see. を思い浮かべた方も多いかと思います。

この表現はもともと中国語の「好久不見(久しぶり)」を直訳したもので、それを英語圏の人々が真似て広まったと言われています。

今では英語のテキストにも登場するのですが、ネイティブスピーカーが使用するのは以下の表現「しばらくだね。」の方がまだまだ主流かもしれません。

  • It’s been a while.
  • It’s been a long time.
  • It’s been ages.
  • It’s been forever.

これらの文章の後ろには ”since we last met(最後に会った時から)” という文章が隠れています。

また、ageは「時代」foreverは「一生」という意味を持つことから、他の2文よりも久しぶりだという感情がこもっています。

感謝のことば
Thank you. ➡ You’re welcome. も卒業したい!

1)「ありがとう」は何に対して感謝しているのかを言葉にすると分かりやすくなります。

Thanks for inviting me! 招待してくれてありがとう!
Thank you for the dinner! 夕食をごちそうさまでした!

2)返答「いいよ」「気にしないで」と気軽に言うフレーズはたくさんあります。

  • No problem.
  • No worries.
  • My pleasure.
  • Don’t mention it.
  • Don’t worry about it. (×Don’t mind.)
  • No sweat.

Don’t mind. の使い方

日本語では応援する時や励ます時に「ドンマイ」と言いますが、英文では気にするという意味の「mind」は他動詞で用いられることが多いです。

その場合、この単語で文を終えるのではなく、後続の目的語が必要なのです。
「I don’t mind」「Don’t mind me.」のように使います。

I don’t mind walking to the station. 駅まで歩くことは構わない。
Don’t mind me. 私の事はお構いなく。

別れのことば
去り際こそ格好良くキメよう!

A: It was a pleasure meeting you. 君に会えて楽しかった。
B: The pleasure was all mine. むしろ私の方が楽しかった。
A: I’m looking forward to our next meeting. 次回お会いできるのを楽しみにしています。
B: Take care. See you then. 気を付けて。またね。

「またね」は様々な言い方があります。

  • Later.
  • See ya.
  • See you later.
  • See you soon.
  • See you next time.
  • See you next Sunday.

シェイクスピアのセリフに出てきそうな詩的表現を使って、最後にクスッと笑いを誘う人もいます。もし勇気があれば使ってみてください。

Till next we meet. また会うその日まで

子供たちが韻を踏んで言うフレーズ

A: See you later, alligator. またね。
B: After a while, crocodile. またね。

語尾の韻をリズミカルに発音するのがポイントです。”After a while””In a while” と言う人もいます。

alligator と crocodile はワニを意味するのですが、この表現の場合、特に深い意味はありません。日本語の「さよなら三角、また来て四角」の三角・四角に似ていますね。

まとめ

今回は簡単なあいさつ文について学びました。

  • 出会い頭のあいさつはシンプルに ”What’s up?””Not much.You?”
  • 2回目以降のあいさつは ”Good to see you again!”
  • 久しぶりに再会したら ”It’s been a while!”
  • 感謝の気持ちは感謝している内容を具体的に ”Thanks for the dinner.””No problem.”
  • 去り際のあいさつは ”See ya.”

外国人の ”What’s new?” という質問が怖い、と思われている方も多いようですが、少し準備をしておくと聞かれるのが楽しみになるかもしれません。少しづつ慣れてきたら、自ら聞く側になってみましょう!

サブコンテンツ

このページの先頭へ