海外留学でマイルを貯めるのは本当にお得?初心者でもわかるマイルの基礎知識!

「海外留学で飛行機に乗るし、航空チケット代も安くはないしマイルを貯めようかな」

このように思っている留学する予定の学生や社会人の方もいると思います。

「でも、マイルは本当にお得なの?」

「マイルの特典やサービスが受けられるほど、マイルを貯められないんじゃ?」

中には、こんな疑問を持っている人もいるでしょう。

マイルをうまく貯めると、さまざまな特典やサービスが利用できます。

ここでは、JALとANAを中心にマイルの特典やマイルの基礎知識などを詳しく説明します。

  • マイル、マイレージってよく聞くけど、一体なに?
  • そもそもマイルを貯めるメリットや特典ってどんなものがあるんだろう?
  • どのくらい飛行機に乗ったら、どのくらいマイルは貯まるの?
  • 留学生活でマイル貯めるにはどうしたらいいの?

このような疑問を持っているマイル初心者の人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

1. よく聞くマイルやマイレージって何?マイルを貯めるには?

そもそも「マイル」「マイレージ」とは何なんでしょう?

「マイルが貯まるクレジットカード」「マイルが貯まるマイレージクラブ」とか聞いたことはあるけど、具体的な仕組みなど知らない人もいると思います。

ここではマイルを貯めるための基礎知識を紹介しているので、マイル初心者の人はぜひ参考にしてみてください。

1. 「マイル」「マイレージ」と申込みの方法

「マイル」「マイレージ」を簡単に説明すると次の通りです。

マイル 航空会社が提携しているポイント(マイレージポイント)
マイレージ 航空会社が提供しているマイルが貯まるサービス・プログラム

また、飛行距離によって貯まるマイルのことを「フライトマイル」と呼びます。

マイルを貯めるには、航空会社が提供しているマイレージプログラムに申し込まなければいけません。

マイレージプログラムに加入するには、以下の2つのうちどちらかのカードに申込みをする方法があります。

  • クレジットカードの機能のない無料のマイレージカード
  • クレジットカードの機能がついたマイレージカード

クレジットカード機能のないカードの場合、貯めることができるのは飛行機にのった距離が元に加算される「フライトマイル」のみ。

未成年でも申込みができる無料のマイレージカードです。

ANAマイレージクラブカード

JALマイレージバンクカード

一方クレジットカード機能がついたカードの場合は、フライトマイルとは別に、そのカードで支払った航空チケット代や日々の買い物などの金額に対してもマイルを貯めることが可能です。

この金額に対して加算されるマイルを一般的に「ショッピングマイル」と呼びます。

久美子先生久美子先生

留学中にもマイルを貯めたいと思っている人は、クレジットカード機能のついたマイレージクレブカードがオススメです。

2. マイルを貯めることができるクレジットカードはさまざま

マイルが貯まるクレジットカードには、次のように、フライト重視のもの、生活密着型のものなどいろいろあるので迷うかもしれませんね。

しかし、留学でマイルを沢山貯めたいと思っている人は、渡航するときに必ず乗る飛行機でよりマイルを多く貯めることができる「航空会社の一般カード」がオススメです。

フライト重視のマイルが貯まる一般クレジットカード
ANAカード(VISA) JALカード(マスター)

JAL・ANAなどの航空会社の一般カード。
フライトで搭乗ボーナス10%などの特典がありマイルが貯まりやすい。
航空チケットの代金に対してはJALの場合は100円=2マイル、ANAの場合は100円=1マイルの還元率で加算される。

生活密着型のマイルが貯まる提携クレジットカード
イオンカード(JAL) 楽天カード(ANA)

航空会社が楽天やイオンなど店舗などと提携しているカード。
提携店舗での買い物などで特典がある。
支払い金額をポイントまたはマイルとして貯めることができる。
SuicaやICOCAなど交通系と提携しているカードなどもある。

ショッピングマイルについては、一般的に200円=1マイルの還元率です。

航空会社が提携している特約店などでは200円=2マイル、100円=1マイルの高い還元率で貯めることができるので、どんなお店があるかチェックしておくとよいかもしれません。

ちなみに、JAL・ANAの一般カードで、クレジットカードのステータスが普通カードでも、フライト毎の搭乗ボーナスマイルが10%もつきます。(JAL・ANA便の場合)

一方で、楽天・イオンなどの提携カードだとボーナスマイルの設定はありません。

久美子先生久美子先生

留学にかかる航空チケットでなるべく沢山マイルを貯めたい人は、フライト重視の航空会社の一般カードを選びましょう!

2. 留学でマイルを貯めると受けられるお得な特典やサービス

まず、海外留学や海外旅行でマイルを貯めるとどんな特典があるか見てみましょう。

特典やサービスの細かい内容は、どの航空会社のマイレージプログラムに入ってマイルを貯めるかで変わってきます。

以下は、JAL・ANAのマイレージプログラムに加入してマイルを貯めると受けられる特典やサービスです。

  1. マイルが貯まると特典航空券に交換できる
  2. マイルが貯まると席のアップグレードができる
  3. マイルが貯まると空港ラウンジが利用できる
  4. マイルが貯まると優先的に搭乗できる
  5. マイルを他のポイントなどに交換して利用できる
  6. 貯まったマイルを航空券の購入の割引に使える

※クレジットカードのステータスによってマイル数に関係なく利用できるサービスもあります。

この中でマイルの還元率がよくお得感があるのは、やはり特典航空券の交換、席のアップグレードになります。

特典航空券とは、ある一定のマイルが貯まると入会しているマイレージプログラムの航空会社の、または提携している航空会社のチケットと交換できるもの。

もしマイルが足りなくて特典航空券に交換できなくても、JALやANAのポイント(eJALポイント・ANA SKYコイン)に変えて航空券の割引としても使えます。

久美子先生久美子先生

マイルをムダなく使うには、マイルを利用したどんなサービスがあるかチェックしておくことがポイントです!

3. どのくらい飛行機に乗ったらマイルは貯まって特典やサービスが受けられる?

「マイルを貯めてタダの特典航空券に交換できる、席をアップグレードしてもらえるって言ったって、そこまでマイルを簡単に貯められないでしょ…」

「そもそもマイルって1回のフライトでどのくらい貯まるの?」

このように思う人もいると思います。

1. マイルで交換できるJAL・ANAの特典航空券に必要なマイル数は?

では、まず、特典航空券に交換するのに必要なマイル数を見てみましょう。

エコノミークラスで往復の場合の平均
日本国内 10,000~20,000マイル
日本国内⇔韓国・中国・台湾 15,000~30,000マイル
日本⇔東南アジア 30,000~50,000マイル
日本⇔ハワイ 40,000~60,000マイル
日本⇔北アメリカ 50,000~80,000マイル
日本⇔ヨーロッパ 60,000~90,000マイル

ちなみに、JALの国際線の特典航空券は片道でも予約ができますが、ANAの場合は往復での予約が必要になるので注意が必要です。

また、ANAはシーズンによって必要マイルが異なりますが、JALの場合はシーズンに関係なく必要マイル(通常マイル)は同じでした。

つまり、JALだとハイシーズンでも必要マイルが増えることがないのでお得だと言えます。

試しに、日本⇔北米の特典航空券に必要なマイル数を調べてみると、JALとANAともに必要なマイル数は同じという結果に。

日本⇔北米の特典航空券(エコノミーの場合)
ANA 50,000マイル
片道での予約は不可
JAL 50,000マイル
片道の場合25,000マイル

※ANAはレギュラーシーズンに必要なマイル数

ANA、JALの国際線の特典航空券に必要なマイルについては、以下で調べることが可能です。

ANA国際線特典航空券

JAL国際線特典航空券

ちなみに、特典航空券はJAL・ANAのみだけでなくそれぞれ提携している航空会社のものとも交換できます。

JAL・ANAの特典航空券は人気で予約が取りづらく、予約するなら1年前には抑えておいたほうがよいでしょう。

久美子先生久美子先生

JAL・ANAの特典航空券がどうしてもとれない場合は、提携している航空会社のものも一緒に探してみてください。

2. マイルで交換できるJAL・ANAのアップグレードに必要なマイル数は?

席のアップグレードに必要なマイル数は、渡航先によっても変わりますが、片道でJALは9,000マイルから、ANAは12,000マイルからとなっています。

特典航空券よりは必要マイル数が少ないものもあるので、特典航空券に交換できるほどマイル数が貯まってない場合は、席のアップグレードも一緒に検討してみるとよいと思います。

またJALやANAの特典航空券は数に限りがあり、予約がとりづらいかもしれませんが、席のアップグレードはしやすい特典なので、マイルの利用の一つとして考えておくといいでしょう。

3. 1回のフライトでどのくらいフライトマイルは貯まる?

席のアップグレードには約10,000マイルから、海外の特典航空券は15,000マイルから必要なことがわかりましたね。

では、1回のフライトで大体どのくらいのマイルが貯まるのでしょうか?

ショッピングマイルは、200円/100円=1マイル貯まると話しました。

しかし、JALとANAともに、フライトマイルについての計算は少し複雑です。

フライトマイルの計算式

基本の飛行距離(km)がマイル単位に換算され、それに対して以下の条件によってマイルが貯まる割合(積算率)が変わってきます。

購入したフライトの席のグレードは何か
エコノミーかビジネスかなど、グレードが高くなるほどマイル積算率が高くなる。
持っているクレジットカードのステータスは何か
普通カードかゴールドか、ステータスが高くなるほどマイル積算率が高くなる。
割引された航空チケットかどうか
旅行会社のツアー等で割引チケット、特割などのチケットはマイル積算率が低くなる。
JAL・ANAのフライト以外の場合、それぞれの提携航空会社のチケットかどうか
提携外の会社だとマイルはつかない、提携していてもLCCのフライトだとマイル積算率が低くなることも。

たとえば、一般的に利用が多いと考えられる以下の場合だと、マイルの積算率は100%です。

  • JAL・ANAまたは、提携航空会社フライト
  • 席のグレードはエコノミー
  • クレジットカードのステータスは普通カード
  • 航空チケットは割引のない普通チケット

※提携航空会社のフライトの場合、会社によってマイル積算率が100%じゃないこともあります。

100%マイルがつくので、搭乗飛行距離分のマイルがそのまま加算されます。

では、この一般的な条件で、留学や海外旅行にも人気の以下の国へ渡航した時にどのくらいマイルが貯まるか見てみましょう。

東京発 JAL・ANAのフライトで貯まるマイル数(片道)
国(都市) JAL ANA
アメリカ
(ロサンゼルス)
6,004マイル 6,004マイル
アメリカ
(ニューヨーク)
7,395マイル 7,395マイル
カナダ
(バンクーバー)
5,149マイル 5,149マイル
イギリス
(ロンドン)
6,835マイル 6,835マイル
オーストラリア
(シドニー)
5,349マイル 5,349マイル

※席はエコノミー、普通カード会員(搭乗ボーナスマイル10%)マイル積算率が100%の場合で計算。
※搭乗ボーナス込のマイル数です。

JAL・ANAともに、マイル積算率が100%だと同じマイル数が貯まることがわかります。

また、1回の往復で10,000マイル以上貯まることもわかりますね。

これにプラスして、JAL・ANAのクレジットカードで航空チケットの支払いをすればショッピングマイルとしてマイルが貯まります。

10,000マイルだと渡航先によりますが、国内線の特典航空券や席のアップグレードもできる範囲です。

ちなみに、JAL・ANAのマイルの有効期限は3年間。

大学留学など長期留学の場合だと、3年間のうちに複数回、日本に帰国することもあるかもしれません。

また留学中、帰国後に旅行することもあると思います。

そう考えると、有効期限内にマイルを活用することは可能でしょう。

久美子先生久美子先生

飛行距離や航空チケット代にもよりますが、マイルを貯めるか貯めないかで大きくお得感が変わることがわかりますよね。

4. どのくらいマイルが貯まれば、JAL・ANAの空港ラウンジは利用できる?

マイルを貯めると受けることができるサービスの一つに、空港ラウンジの利用があります。

クレジットカードがゴールドカードまたはプラチナカードの人は、空港ラウンジの利用が通常の特典サービスとついているのは知っている人も多いですよね。

実は、クレジットカードのステータスが普通カード、学生カードの人もマイルが貯まると利用することが可能なのです。

正確にいうと、ラウンジの利用ができるかどうかは、JAL・ANAのクレジットカードでつくマイルポイントとは別に貯まる、JAL・ANAの独自のポイント数によって変わってきます。

JAL FLY ONポイント
前年度1年間で貯まるポイント数が30,000ポイントだったら、JMBクリスタル会員のステータスになり、国内線のラウンジ利用が可能になる。
ラウンジの利用の際はポイントとは別にマイルをラウンジクーポンに変えて利用しなければいけない。(1,000マイル=1枚ラウンジクーポン)
ANA プレミアムポイント
前年度1年間で貯まるポイント数が30,000ポイントだったら、ブロンズ会員のステータスになり、国内線・国際線のラウンジ利用が可能になる。
ラウンジ利用の際、国内線は1,000マイル、国際線は4,000マイルが別に必要になる。

このポイントが貯まると、ラウンジだけでなく優先的に搭乗させてもらえたり、空席があれば対象金額内で席のアップグレードをしてくれたりといった特典もあります。

では、1回のフライトでマイルとは別にこのポイントがどのくらい貯まるのか見てみましょう。

JAL・ANAともに、ポイントの計算方法は次のようになっています。

JAL/ANAポイントの計算式

以下は、JAL便でそれぞれの国へフライトした場合、どのくらいポイント(FLY ON ポイント)が貯まるのか計算したものです。

東京発 JAL便で貯まるポイント数(片道)
アメリカ(ロサンゼルス) 5,858ポイント
アメリカ(ニューヨーク) 7,123ポイント
カナダ(バンクーバー) 5,081ポイント
イギリス(ロンドン) 6,614ポイント
オーストラリア(シドニー) 7,695ポイント

※席はエコノミー、普通カード会員(搭乗ボーナスマイル10%)マイル積算率が100%の場合で計算。
※搭乗ボーナス込のマイル数です。

留学する国や都市によって違いますが、往復で大体10,000~15,000ポイント貯まることがわかりますね。

1回往復では30,000ポイントまで貯まりませんが、留学中・留学後に海外旅行をしたり、長期留学だと日本との往復が何回かあるかもしれません。

そうすると、30,000ポイントは意外に早く貯まることも考えられます。

久美子先生久美子先生

搭乗優先などのサービスも、前年度にどのくらいポイントが貯まったかどうかで変わってくるようです。

4. 留学費用や留学中の買い物でマイルを賢く貯めよう!

JAL・ANAのクレジットカードで留学生活にかかる支払いに利用すると、それに対してもマイルが貯まります。

なので、フライトマイル以外にもっとマイルを貯めたいと思っている人は、留学中の買い物や支払いもANA・JALのクレジットカードを利用することいいでしょう。

1. JAL・ANAのクレジットカードで買い物・支払いをしたときのマイル還元率は?

では、JALとANAのどちらのクレジットカードをショッピングや留学中の日々の支払いに利用すると、マイルが貯まりやすいのでしょうか?

結論からいうと、JAL・ANAどちらの場合でも、200円=1マイルまたは100円=1マイルの還元率、どちらのプランを選ぶかで変わります。

そして、クレジットカードのステータスがゴールドやプラチナだとより高い還元率に。

ANAの一般カードについては、買い物などで利用した場合、直接マイルとして加算されず一旦ワールドプレゼントのポイントして貯まる仕組みです。

「マイルで貯まらない…ってなんか面倒だな」と思うかもしれませんね。

でも、自動的にポイントをマイルに変えるか(自動移行方式)、自分でタイミングをみてマイルに変えるか(応募方式)のどちらかの方法を選ぶことできるので大丈夫です。

つまり、ANAの一般カードの場合は、自動移行方式を選べばポイントではなくマイルが直接貯まっていくのと同じという訳です。

しかし、カードの申込みの際に選ぶ「マイル還元率のコース」によって、移行手数料が必要になることがあるので注意しましょう。

一方で、JALは直接マイルで貯まっていきます。

JALショッピングマイル
200円=1マイルの還元率で貯まる。 

※JALの特約店では、200円=2マイルの還元率で貯まる。
(ENEOS、大丸、松坂屋、イオン、ファミリーマート等)
※年会費3,240円のプレミアム入会すると、通常で100円=1マイル、特約店での利用では100円=2マイルの高還元で貯まる。
※マイル移行手数料がかからない。
※マイルの有効期限は3年間。

ANAワールドプレゼントポイント
  • 1000円=1ポイント=5マイルの還元率コース(200円=1マイル)
    →マイル移行手数料無料。
  • 1000円=1ポイント=10マイルの還元率コース(100円=1マイル)
    →マイル移行手数料が年度ごと6,480円かかる。

※ANAの特約店でも200円=1マイルの還元率で貯まる。
(ENEOS、マツモトキヨシ等では100円=1、ファミリーマート200円=2マイル)
※マイルをポイントに移行する方法は、自動移行方式か応募方式選ぶことができる。
※ポイントの有効期限は2年間、マイルは3年間。

※JAL・ANAの一般カードまたは学生カードの場合です。

JAL・ANAともに基本的に200円=1マイルの還元率で貯まるということがわかると思います。

ちなみに、JAL・ANAの日本の特約店を見てみると、100円=1マイルとより高い還元率でマイルが貯まるお得なお店は、ANAよりもJALの方が多いようです。

なので、留学だけでなく日本でも買い物などでマイルを貯めたいと思っている人は、JALカードの方が貯まりやすいかもしれませんね。

2. 留学費用の支払いやショッピングでマイルはどのくらい貯まる?

では、フライトマイル以外に、留学中に生活費の支払いやショッピングでJAL・ANAのクレジットカードを利用した場合、どのくらいのマイルを貯めることができるのでしょう?

「5,000マイル、または10,000マイル貯まる100万円までなかなか使わないのでは?」と思うかもしれませんね。

留学中にどのくらいお金がかかるかは、留学する国や留学期間によって大きく変わります。

授業料・滞在費・留学保険・食費など含めると、3ヶ月の短期留学でも約50万~100万円ほど。

この費用をマイルが貯まるクレジットカード払いですると、2,500~10,000マイル貯まります。

1年間の長期留学だと約300万~500万円、それ以上かかることも。
(例:航空チケット代10万円~、留学保険年間15~20万円、授業料年間100万円~、食費月3万×12=36万円)

クレジットカード利用額 200円=1マイル獲得数 100円=1マイル獲得数
1,000円 5マイル 10マイル
10,000円 50マイル 100マイル
30,000円 150マイル 300マイル
100,000円 500マイル 1,000マイル
500,000円 2,500マイル 5,000マイル
1,000,000円 5,000マイル 10,000マイル
1,500,000円 7,500マイル 15,000マイル
2,500,000円 12,500マイル 25,000マイル

留学渡航のフライトで約10,000マイルがたまり、それにプラスして留学生活でマイル貯めると、結構なマイル数が貯まることがわかりますよね。

また、JAL・ANAのマイル有効期限は3年間なので、留学が終わった後でも日本で引き続き貯めることもできます。

久美子先生久美子先生

授業料や滞在費などがクレジットカード払いできるかどうかは、留学する学校によって違うので確認してくださいね。
また、クレジットカードの支払限度額、一時増額はいくらまでできるのかもチェックすることを忘れずに!

5. JAL・ANAのマイルの価値はどちらが高い?席のアップグレードも検討してみて!

マイルについて調べていると、「マイルの価値」という言葉がでてきます。

マイル価値と聞くと「JAL・ANAのマイルならどちらの価値が高くてお得なんだろう…?」と思う人もいるかもしれませんね。

実は、JAL・ANAどちらのマイルの価値が高いかは一概にどっちとは言えません。

マイルの価値とは、つまり1マイルにつきいくらかどうかで変わります。

以下の例をみながらマイルの価値について調べてみましょう。

普通に買うと往復15万円の航空チケットを、50,000マイルで特典航空券に交換できた。
15万円÷50,000マイル=3円
1マイルの価値は3円
ビジネスクラスにアップグレードすると通常だとプラス15万円かかるところ、25,000マイルでアップグレードできた。
15万円÷25,000マイル=6円
1マイルの価値は6円
余ったマイルを2マイル=1ポイントのポイントに変えた。そして、そのポイントは1ポイント=1円の割引がある。
1円÷2マイル=0.5円
1マイルの価値は0.5円

このように見てみると、マイルの使い方によってマイルの価値が大きく変わってくることがわかりますね。

席のアップグレードはどのクラスの席に変えるかにもよりますが、場合によっては特典航空券よりもマイルの価値が高くなることが多いです。

久美子先生久美子先生

ほしい特典航空券に交換するほどマイルが貯まってないときは、席のアップグレードも検討してみるといいでしょう。

りゅうが君りゅうが君

マイルをうまく使えるかどうかでマイルの価値が変わるってことだね!

6. 海外留学にオススメのJAL・ANAのクレジットカード

海外留学には少なくともクレジットカードを2枚用意しておくと安心です。

「1枚は持ってるけど2枚目はどのクレジットカードにしようかな…」と迷っている人もいるでしょう。

そんな人は、マイルを貯めて色々な特典があるJAL・ANAなどの航空会社クレジットカードがオススメ。

ここでは、海外で支払いの際にかかる為替手数料が比較的低い「MasterCard」のクレジットカードを中心に、留学生にオススメのJAL・ANAのクレジットカードを紹介。

ちなみに、クレジットカードは高校生を除く18歳以上の人が申し込めます。
(未成年の場合は保護者の同意書が必要)

クレジットカードの家族カードだと、留学ホームステイを目的とする場合なら、中学生を除く15歳以上18歳以下の高校生でも申込みは一般的に可能です。

海外でクレジットカードを利用したときの手数料(為替レート・事務手数料)を比較!

1. 留学にオススメのJALのマイルが貯まるクレジットカード

JALのクレジットカードを紹介します。

JALとJALが提携している航空会社のフライトマイル、そしてショッピングマイルを貯めることが可能です。

1. JAL普通カード(MasterCard)

JAL普通カード(MasterCard)

JALの一般的な普通クレジットカードで、高校生を除く18歳以上の人が申込みできます。

初年度の年会費は無料。

2年目から年会費が2,160円かかりますが、毎年のカード継続時に1000マイルのボーナスマイルがもらえるので、実質年会費は無料に。

また、フライト毎にプラス10%のボーナスマイルがつくメリットもあります。

JAL普通カード

2. JALカード navi「学生専用」(MasterCard)

JALカード navi「学生専用」(MasterCard)

JALの学生用クレジットカードです。

高校生を除く18歳以上30歳未満の学生が申込みの対象。

在学中は年会費無料、マイルの有効期限が無期限などのメリットがあります。

JALカードnavi「学生専用」

2. 留学にオススメのANAのマイルが貯まるクレジットカード

ANAのクレジットカードを紹介。

ANAとANAが提携している航空会社のフライトマイル、そしてショッピングマイルを貯めることができます。

1. ANAマスター一般カード

ANAマスター一般カード

ANAの一般的な普通クレジットカードです。

申込み対象は、高校生・大学生を除く18歳以上の社会人になっています。

初年度の年会費は無料。

2年目から年会費が2,160円かかりますが、JAL同様、カード継続時に毎年1,000マイルのボーナスマイルがもらえるので、実質年会費は無料です。

また、フライト毎にプラス10%のボーナスマイルがつくメリットもあります。

ANAマスター一般カード

2. ANAカード「学生用」(マスターカード)

ANAカード「学生用」(マスターカード)

ANAの学生用クレジットカードです。

年会費は在学中は無料で、高校生を除く18歳以上30歳未満の学生が申込みの対象になります。

ANAカード「学生用」

【まとめ】留学に必要なクレジットカードでマイルを賢く貯めてお得に使おう!

マイルの特典やマイルを貯める方法などいろいろ説明してきました。

「マイルのことよくわからないし、どうせそんなに得じゃないでしょ?」

このように疑問に感じていた人も、うまく留学でマイルを貯めると、さまざまな特典やサービスが利用できることがわかったと思います。

長期・短期留学を考えている人で、クレジットカードを持っていない人は、マイルを貯めることができるクレジットカードも検討してみましょう!