• 休暇を利用して短期留学でホームステイをしながら語学学校に通いたい
  • 少しでもホームステイでの滞在費用も含む留学費用を安く抑えたい
  • 留学したい国は決まっているけど、どこの都市ならホームステイは安いのか知りたい
  • 中学生、高校生向けのホームステイの費用はいくらくらいなのか知りたい

「海外にホームステイをしたい」「もうすぐホームステイをする予定」という人で、このように思っている人もいるのではないでしょうか?

ホームステイの費用は、週ごとにかかる滞在費用の他にホームテイ手配料(Accomodation Placement Fee)がかかります。

ここでは、アメリカ・カナダ・イギリス・オーストラリア・ニュージーランドでのホームステイにかかる費用を国別・都市別に比較し紹介します。

久美子先生久美子先生

海外ホームステイを考えている人、ホームステイの費用をなるべく節約したいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

(英語圏の世界主要6カ国30都市に語学学校を持つ「Kaplan」のホームステイ費用を主に参考にしています)

目次

1. ホームステイ費用を調べる前に国別の為替レートをチェック!

ホームステイの費用を見てみる前に、日本円に対してアメリカ・カナダ・イギリス・オーストラリア・ニュージーランドの通貨がどのくらいなのかチェックしてみましょう。

日本円から海外の通貨に両替する場合、適用される為替レートが有利だと、ホームステイでの滞在費用も含んだ留学費用を節約しやすいです。

なるべくホームステイの費用を抑えたい人は、ホームステイ先に考えている国の為替レートを確認してみてくださいね。

両替時の為替レートがお得なのは、ニュージーランドドル

試しに、2018年6月25日と6月28日の2日間のロイターが発表しているアメリカ・カナダ・イギリス・オーストラリア・ニュージーランドの為替レートを見てみましょう。

国別通貨2018/6/252018/6/28
1アメリカドル(USD)109.5円110.03円
1カナダドル(CAD)82.35円82.51円
1イギリスポンド(GBP)145.10円144.24円
1オーストラリアドル(AUD)81.23円80.70円
1ニュージーランドドル(NZD)75.49円74.59円

アメリカドル(USD)は1$=約109~110円かかるのに対して、ニュージーランドドル(NZD)は1$=約74円~76円。

1通貨につき、アメリカドルとニュージーランドドルでは、34~36円ほど差があることがわかりますね。

つまり、上記5カ国の通貨の中では、ニュージーランドドルがお得と言えます。

ニュージランドドルの次には、カナダドル(CAD)やオーストラリアドル(AUD)も日本円で換算する場合、有利な通貨です。

しかし、為替レートと同時にその国や地域の物価なども関係するので注意しましょう。

ホームステイ先の国が使っている通貨の為替レートが有利だからといって、必ずしも費用を安くできるとは限らないということも覚えておいてくださいね。

(2018年6月25日)

(2018年6月28日)

2. アメリカのホームステイの費用を都市・州別に比較

※参照)Google map

ここでは、Kaplanアメリカ(18校14都市)のホームステイの費用を高い順から載せています。

(通貨:アメリカドル)

Kaplan アメリカホームステイ1週間の費用
ニューヨーク・ソーホー校(ニューヨーク州・マンハッタン)495USD
(54,450円)
ニューヨーク・エンパイア・ステート校(ニューヨーク州)395USD
サンフランシスコ校(カリフォルニア州)325USD
ボストン・ハーバースクウェア校(マサチューセッツ州)310USD
ボストン・フェンウェイ校(マサチューセッツ州)310USD
ロサンゼルス・ウェストウッド校(カリフォルニア州)305USD
マイアミ校(フロリダ州)300USD
バークレイ校(カリフォルニア州)290USD
サンタバーバラ校(カリフォルニア州)290USD
ワシントンD.C校(特別区)285USD
サンディエゴ校(カリフォルニア州)275USD
ゴールデンウェストカレッジ・ハンティントンビーチ校
(カリフォルニア州)
270USD
フィラデルフィア校(ペンシルバニア州)265USD
シカゴ校(イリノイ州)260USD
ロサンゼルス・ウィッターカレッジ校
(カリフォルニア州)
250USD
ポートランド校(オレゴン州)240USD
シアトル・ダウンタウン校(ワシントン州)240USD
シアトル・ハイラインカレッジ校(ワシントン州)235USD
(25,850円)
※2018年6月28日ロイター発表の為替レート 1USD=110円で計算
※一人部屋一日二食付きの場合の費用
※繁忙期は上記の費用より高くなることもあります。

※参照)Kaplan International Englishロイター 外国為替

1. ホームステイ費用が安い都市はシアトルやポートランド

前項の価格順位を見てみると、アメリカでホームステイ費用を安い都市は、西海岸の地方都市であるシアトル(ワシントン州)やポートランド(オレゴン州)。

一番高い都市は、やはりニューヨーク(ニューヨーク州)でした。

Kaplanアメリカでホームステイが高い都市と安い都市ホームステイ1週間の費用
ニューヨーク・ソーホー校(ニューヨーク州・マンハッタン)495USD
(54,450円)
ポートランド校(オレゴン州)240USD
シアトル・ダウンタウン校(ワシントン州)240USD
シアトル・ハイラインカレッジ校(ワシントン州)235USD
(25,850円)

ニューヨークでのホームステイは、一番安い都市と比較してみると約2倍ほど高い価格になります。

2. ダウンタウンより郊外の方がホームステイ費用は安くなる

同じ州でもどこの都市か、ダウンタウンまたは郊外に滞在するかでも、ホームステイ費用の異なっていることが価格順位からもわかるのではないでしょうか。

カリフォルニア州の中でも250~325USD(27,500~35,750円)ほど金額に幅あります。

同じロサンゼルスでも中心部にあるウェストウッド校(305USD)と郊外にあるウィッターカレッジ校(250USD)でのホームステイ費用は、週55USD(6,050円)の差です。

カリフォルニア州のKaplan7校ホームステイ1週間の費用
サンフランシスコ校325USD
(35,750円)
ロサンゼルス・ウェストウッド校305USD
バークレイ校290USD
サンタバーバラ校290USD
サンディエゴ校275USD
ゴールデンウェストカレッジ・ハンティントンビーチ校270USD
ロサンゼルス・ウィッターカレッジ校250USD
(27,500円)

少しでもホームステイ費用を安く抑えたい人は、同じ都市でもダウンタウンよりも郊外で検討してみるとよいかもしれませんね。

また、これは補足的な情報ですが、実はアメリカでは州ごとに税率が異なっています。
 
費用が比較的安い都市であるポートランドが州都のオレゴン州では、消費税(Sales tax)がかからない州で有名です。

なので、生活面での費用はとても助かります。

アメリカでどの都市、どの州でホームステイをするか迷っている人は、その州の税金や法律なども参考に調べておくとよいかもしれませんね。

※2018年6月28日ロイター発表 為替レート1USD=110円で計算

※参照)Oregon Department of Revenue /Sales tax

3. カナダのホームステイの費用を都市・州別に比較

※参照)Google map

カナダのホームステイについては、Kaplanカナダの学校が少ないので、他の語学学校が手配しているホームステイも合わせて6都市の費用を高い順から載せています。

(通貨:カナダドル)

学校名カナダの州・都市ホームステイ1週間の費用
Kaplan カナダトロント校(ブリティッシュコロンビア州)255CAD
(20,910円)
バンクーバー校(オンタリオ州)245CAD
Sprachcaffe Language Plusモントリオール校(ケベック州)230CAD
オタワ校(オンタリオ州)230CAD
Global Village カナダビクトリア校
(ブリティッシュコロンビア州)
220CAD
カルガリー校(アルバータ州)195CAD
(15,990円)
※2018年6月28日ロインター発表の為替レート1CAD=82円で計算
※一人部屋一日二食付きの場合の費用
※繁忙期は上記の費用より高くなることもあります。

※参照)
Kaplan International English
Sprachcaffe language plus
Global Village
ロイター外国為替

ホームステイ費用が安い都市はカルガリー!人気のバンクーバーは高め

前項の価格順位をみてみると、やはり大都市であるバンクーバーやトロントはカナダの中でも比較的ホームステイ費用が高めになるようです。

とは言え、一番安い都市であるカルガリーとの費用を比べても、週5,000円ほどの差。

アメリカほど、都市ごとに大きな差はないと言えるのかもしれません。

カナダのホームステイが高い都市と安い都市ホームステイ1週間の費用
トロント255CAD
(20,910円)
カルガリー195CAD
(15,990円)
※2018年6月28日ロイター発表の為替レート1CAD=82円で計算

4. オーストラリアのホームステイの費用を都市・州別に比較!

※参照Google map

ここでは、Kaplanオーストラリア(6校5都市)のホームステイの費用を高い順から載せています。

(通貨:オーストラリアドル)

Kaplan オーストラリアホームステイ1週間の費用
シドニーシティ校(ニューサウスウェールズ州)315AUD
(25,200円)
シドニーマンリー校(ニューサウスウェールズ州)315AUD
メルボルン校(ビクトリア州)315AUD
アデレード校(南オーストラリア州)290AUD
ブリスベン校(クイーンズランド州)290AUD
パース校(西オーストラリア州)290AUD
(23,200円)
※2018年6月28日ロイター発表の為替レート1AUD=80円で計算
※一人部屋一日二食付きの場合の費用
※繁忙期は上記の費用より高くなることもあります。

※参照)Kaplan International English
ロイター外国為替

オーストラリアでは地方都市(アデレード・パースなど)が安め

前項の価格順位をみてみると、やはり大都市であるシドニーやメルボルンは、オーストラリアの中でも比較的ホームステイ費用が高めになるようです。(315AUD=25,200円)

一方、地方都市にあたるアデレードやブリスベン、パースなどは、安めの費用になる傾向があります。(290AUD=23,200円)

とは言え、一番高いシドニーのホームステイ費用と一番安い価格の差はわずか、週25AUD=2,000円。

カナダ同様、大都市と地方都市とのホームステイ費用の差は、あまりないと考えてもよいかもしれませんね。

※2018年6月28日ロイター発表の為替レート1AUD=80円で計算

5. ニュージーランドのホームステイの費用を都市別に比較!

※参照)Google map

ニュージーランドのホームステイについては、Kaplanニュージーランドの学校がオークランド校の一校なので、他の語学学校が手配しているホームステイも合わせています。

以下、ニュージーランドの6都市のホームステイ費用を高い順に載せているので、ニュージーランドでのホームステイを検討している人は参考にしてみてください。

(通貨:ニュージーランドドル)

学校名ニュージーランドの都市ホームステイ1週間の費用
Kaplan ニュージーランドオークランド校295NZD
(22,125円)
Wilkinson’s English Language Schoolクライストチャーチ280NZD
ETC English Teaching Collegeウエリントン校265NZD
Southern Lakes English Collegeクイーンズタウン250NZD
Mount Maunganui Language Centerタウランガ250NZD
Waikato Institute of Educationハミルトン220 NZD
(16,500円)
※2018年6月28日の為替レート1NZD=74円で計算
※一人部屋一日二食付きの場合の費用
※繁忙期は上記の費用より高くなることもあります。

※参照)
Kaplan International English
Wilkinson’s English Language School
ETC English Teaching College
Mount Maunganui Language Center
ロイター外国為替

オークランドやクライストチャーチのホームステイ費用は高め

前項の価格順位表をみてみると、ニュージランドで人気都市であるオークランドやニュージーランドの南島で最大の都市であるクライストチャーチは、少し高めの費用になるようです。

オークランド郊外の都市にあたるハミルトンやタウランガは、ホームステイの費用も安めに。

都会は避けてホームステイをしたいという人は、検討してみてもよい都市だと思います。

ちなみに、一番ホームステイ費用が高いオークランド(295NZD=21,830円)と一番安いハミルトン(220NZ=16,500円)の金額の差は、75NZD=5,550円でした。

ニュージーランド
ホームステイが高い都市と安い都市
ホームステイ1週間の費用
オークランド295NZD(22,125円)
ハミルトン220NZD(16,500円)

この差は、カナダ(約5,000円)とほぼ同じくらいの金額です。

※2018年6月28日の為替レート1NZD=74円で計算

6. イギリス・アイルランドのホームステイの費用を都市別に比較!

※参照)Google map

ここでは、Kaplan イギリス・アイルランド(11校10都市)のホームステイの費用を高い順から載せています。

アイルランドは、1949年までイギリス連邦の一つでしたが、今はアイルランド共和国として独立しました。

ダブリンはアイルランドの首都です。

使用通貨については、イギリスはイギリスポンドですが、アイルランドの場合はユーロになるので気を付けてください。

(通貨:イギリスポンド)

Kaplan イギリスホームステイ1週間の費用
ロンドン・コンバートガーデン校(オンタリオ州)245GBP
(35,280円)
ロンドン・レスタースクエア校(オンタリオ州)245GBP
オックスフォード校(オックスフォードシャー州)205GBP
ケンブリッジ校(ケンブリッジシャー州)200GBP
エディンバラ校(ロージアン州・スコットランド首都)190GBP
マンチェスター校(ニューハンプシャー州)180GBP
バース校(エイボン州)180GBP
トーキー校(デヴォン州)150GBP
ボーンマス校(ドーセット州)160GBP
リバプール校(マージサイド州)160GBP
(23,040円)
※2018年6月28日のロイター発表の為替レート1GBP=144円で計算
※一人部屋一日二食付きの場合の費用
※繁忙期は上記の費用より高くなることもあります。

(通貨:ユーロ)

Kaplan アイルランドホームステイ
1週間の費用
手配料
ダブリン校240EUR
(30,480円)
35EUR
(4,445円)
※2018年6月28日のロイター発表の為替レート1EUR=127円で計算
※一人部屋一日二食付きの場合の費用
※繁忙期は上記の費用より高くなることもあります。

※参照)
Kaplan International English
ロイター外国為替

イギリスのホームステイ費用、やはりロンドンは高い!地方都市は安めに

前項の価格順位をみてみると、やはりイギリスの首都であるロンドンのホームステイ費用は高めになっています。

次にホームステイ費用が高いのは、学園都市であるケンブリッジやオックスフォード。

イギリス北部にあるリバプールや南部のボーンマスなどの都市は、比較的安めの設定です。

一番ホームステイ費用が高いロンドン(245GBP=35,280円)と一番安い費用(160GBP=23,040円)との差は、85GBP=12,240円。

イギリスのホームステイが高い都市と安い都市の差ホームステイ1週間の費用
ロンドン245GBP(35,280円)
ボーンマス・リバプール160GBP(23,040円)

1週間で1万円以上の差がでてきます。

なので、イギリスでのホームステイ費用を抑えたいと考えている人は、ロンドン以外の都市でもホームステイを検討してみるとよいかもしれませんね。

※2018年6月28日のロイター発表の為替レート1GBP=144円で計算

7. 人気の留学先5カ国でホームステイ費用を国別比較

ここでは、これまでの情報を元に、アメリカ・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド・イギリスで国別にホームステイ費用の比較をしていこうと思います。

英語圏のどの国にホームステイしようか迷っている人は、参考にしてみてくださいね。

1. ホームステイ費用はアメリカが高め、ニュージーランドやカナダは安い傾向

以下は、アメリカ・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド・イギリスに1週間・2週間ホームステイした場合の平均費用を算出したものです。

ホームステイ費用が高い国はアメリカ、一方で安い国はニュージーランドでした。

ホームステイ費用の平均1週間2週間
アメリカ330USD
(36,300円)
660USD
(72,600円)
イギリス191GBP
(27,504円)
382GBP
(55,008円)
カナダ299CAD
(24,518円)
598CAD
(49,036円)
オーストラリア302AUD
(24,160円)
604AUD
(48,320円)
ニュージーランド260NZD
(19,240円)
520NZD
(38,480円)

※各国の都市別のホームステイ費用をすべて合計し都市の数で割った計算です

次は、アメリカ・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド・イギリスの中で一番ホームステイ費用が高い都市を比較したものです。

各国を通して一番ホームステイの費用が高い都市は、アメリカのマンハッタン。

一方で、カナダ国内では一番高いですが、国別に比較するとカナダのトロントは大都市でも安いという結果でした。

ホームステイが高い都市(国別)ホームステイ1週間費用
アメリカニューヨーク州・マンハッタン495USD
(54,450円)
イギリスオンタリオ州・ロンドン245GBP
(35,280円)
オーストラリアニューサウスウェールズ州・シドニー
ビクトリア州・メルボルン
315AUD
(25,200円)
ニュージーランドオークランド295NZD
(21,830円)
カナダブリティッシュコロンビア州・トロント255CAD
(20,910円)

最後に、アメリカ・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド・イギリスの中で一番ホームステイ費用が安い都市で比較してみました。

各国を通して一番ホームステイの費用が安い都市は、カナダのカルガリー。

一方で、アメリカ国内では一番安くでも、国別で比較するとアメリカのシアトルが高めという結果になりました。

ホームステイが安い都市(国別)ホームステイ1週間費用
アメリカワシントン州・シアトル235USD
(25,850円)
オーストラリア南オーストラリア州・アデレード
クイーンズランド州・ブリスベン
西オーストラリア州・パース
290AUD
(23,200円)
イギリスドーセット州・ボーンマス
マージサイド州・リバプール
160GBP
(23,040円)
ニュージーランドハミルトン220NZD
(16,500円)
カナダアルバータ州・カルガリー195CAD
(15,990円)
※小数点以下は切り捨て
※2018年6月28日のロイター発表の為替レートで計算
(1USD=110円/1CAD=82円/1AUD=80円/1NZD=74円/1GBP=144円)

※参照)ロイター外国為替

2. ホームステイ手配料は学校や斡旋業者によって違う!イギリスは安い傾向

ホームステイ手配料(Accomodation Placement Fee)の費用は、ホームステイを手配する語学学校や留学エージェントなどの斡旋業者によってまちまちです。

以下は、アメリカ・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド・イギリスの語学学校が設定しているホームステイ手配料をいくつか参考に載せています。

アメリカホームステイ手配料
Kaplan アメリカ50USD
(5,500円)
Embassy アメリカ75USD
ELC English Language Center85USD
St Giles International アメリカ95USD
Global Village ハワイ230USD
(25,300円)
カナダホームステイ手配料
ILAC200CAD
(16,400円)
Global Village カルガリー220CAD
St Giles International バンクーバー225CAD
Kaplan カナダ240CAD
Embassy トロント250CAD
(20,500円)
オーストラリアホームステイ手配料
Phoenix academy250AUD
(20,000円)
LSI International education ブリスベン250AUD
Kaplan オーストラリア260AUD
Embassy オーストラリア265AUD
navis English400AUD
(32,300円)
ニュージーランドホームステイ手配料
Mount Maunganui Language Center200NZD
(14,800円)
Languages International210NZD
ETC English Teaching College250NZD
Kaplan ニュージーランド260NZD
Embassy オークランド330NZD
(24,420円)
イギリスホームステイ手配料
Kaplan イギリス30GBP
(4,320円)
St Giles イギリス30GBP
Embassy イギリス35GBP
Wimbledon School of English50GBP
Sprachcaffe イギリス70GBP
(10,080円)
※小数点以下は切り捨て
※2018年6月28日のロイター発表の為替レートで計算
(1USD=110円/1CAD=82円/1AUD=80円/1NZD=74円/1GBP=144円)

※参照)ロイター外国為替

りゅうが君りゅうが君

ホームステイ手配料は、イギリスが比較的低めのようだね。

久美子先生久美子先生

そうですね。
ホームステイ手配料は、斡旋業者によってはかなり高めに設定されていることもあるので、必ず確認してくださいね!

8. 高校生・中学生のホームステイ費用は高めに設定されていることが多い

高校生、そしてとくに中学生のホームステイ費用は、ホームステイを提供している学校や斡旋業者によって異なることが多いので、事前に必ず確認しましょう。

この記事で紹介してきた語学学校「Kaplan」では、原則16歳以上から申込み可能なので、高校生からも同じ料金が適用されるようです。
(都市や地域によっては18歳以上の場合もあります。)

一方で語学学校「Global Villageハワイ」は、16~17歳の高校生のホームステイに対して、通常の費用に加えて週30ドル上乗せしています。

また、12~15歳の中学生の場合は週100USD=11,000円追加、12歳以下の子供には週200USD=22,000円追加と、年齢によって細かく設定しているようです。

※参照)Global Village

中学生・高校生は未成年ということで、ホームステイ先のホストファミリーに保護者の役割も兼ねてもらいます。

なので、中学生・高校生のホームステイの費用は高めになっているという訳です。

中学生でホームステイを探したい場合は、語学学校などで提供しているジュニアプログラムも検討してみてください。

中学生向けにホームステイを含めた、その他アクティビティや英語学習など色々なプランのプログラムがあります。

まとめ~ホームステイ費用を国別・都市別で検討して安く抑えよう!~

ホームステイの費用を、アメリカ・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド・イギリスの国別・都市別に見てきました。

国別で見ると、アメリカでのホームステイが高く、カナダやニュージーランドは比較的安いことがわかりましたね。

どこの国、どこの都市にホームステイや留学するか迷っている人、費用をなるべく節約してみたい人は、ホームステイ先を選ぶポイントに入れてみるとよいでしょう。

※ここで算出された価格や費用はあくまで参考値です。