今すぐできる!大きな声で話すだけで外国人に英語が2倍よく伝わる!?

どうして日本人の英語は伝わらないの?

英会話はすべての日本人共通のコンプレックス。

たとえ学生時代に英語が得意であった人でも実践は苦手と感じている人は多いのではないでしょうか?

更に英会話スクールに通うには、料金・スケジュール・人間関係などの面からハードルが高いと感じている人も多いかもしれません。

そこで、今すぐに心掛けられることをご紹介します。

それは、とてもシンプルなのですが、大きな声で話すだけです。
それだけで今の2倍は外国人とスムーズにやり取りができるようになるはずです。

外国人と英語を話していて“What?”と言われて心が折れた経験をしたことはないですか?

何か間違ったことを言ってしまったと思うと、それを修復するほうが難しいので、自信を無くし、「何でもないです・・・」と言いたくなりますよね。

そのような光景を目にした時、私はいつも「もったいない!」と思います。

それは多くの場合、その人の英語が間違っていたからではなく、ただ声が小さくて聞こえなかったからです。

日本語と英語の音のしくみ

日本語の音は母音(あいうえおの5音)と子音の組み合わせから成り立っています。

つまり、日本語は腹式呼吸でなく、胸式呼吸のままで支障なく話せる、有声音のみから成る、世界で数少ない言語の一つです。

試しに次の単語を発音してみましょう。

テスト (te su to) TEST (te s_ t_ )
ブルー (bu lu) BLUE (b lu)
ステーキ (su te ki) STEAK (s_ tea k_ )

有声音は子音と後ろにくっついている母音の部分で喉が震えて音になるので、聞き取れるのです。

一方、英語には無声音がたくさんあります。

無声音とは、「Sssssss」のように、声帯を震わせず、息の力で出す音です。
この無声音があるおかげで、英語などの他の言語は、腹式呼吸を使わないと発音できなくなっています。

だから結果的に、誰もが腹式呼吸で話すのです。

コツは声の大きさ

普段から話すだけで腹筋運動をしているに等しい彼らは、自然と声も大きくなります。

自身が聞き取れる音の基準は自分の発する音です。

大きな声で話す人は小さな音を聞き取るのが難しく、有声音のみで話している日本人にとって無声音を含む英語を聞き取るのは難しく感じます。

まずはいつもより大きめの声で英語を発音してみて下さい。
思った以上に通じるはずですよ!ちなみに、英語を勉強するときも大きな声で音読するようにしてみて下さい。

英語が話せるようになるのに必要不可欠なこと

英語を習得したいけど何から始めたらよいのかが分からない人は、とにかく音読です。
文字を覚えたての子供たちのように、目についたものをできるだけ大きな声で、読んで読んで読みまくってください。

この反復練習が英会話に繋がります。

私は未だに電車に乗るたびに、扉に書かれている“Watch the doors.”という表示をボソッと数回音読してしまいます。

まとめ

今回は英語と日本語の音の違いについてお伝えしました。

英語と日本語は180度違う言語であり、音のつくりがもともと全く違うため、話し方にもひと工夫が必要なのです。

大きな声で読む・話すを心掛ければ、必ず英会話力アップに繋がりますよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ